架け橋の役割も担っている介護支援専門員

介護支援専門員は、仕事柄自分が担当した介護サービスを受ける人とその家族、各種介護サービスを提供する事業者、医師や看護士、社会福祉士に介護福祉士と言った介護の要素も含んだ職に従事する専門職の人たちとの接触が多くなります。
その為、介護支援専門員として働く上では、専門的な知識の他にも、コミュニケーション能力やヒューマンスキル、ホスピタリティー等も重要な要素となるのです。
また、関係機関とスムーズに連携を取る為のネットワークや人脈、相手の話や意見を聞き要望や希望をケアプラン等へ取り入れる柔軟性も必要です。
介護支援専門員は、業務の一貫として、利用者やその家族そして利用するサービス施設で働くスタッフ等との架け橋にもなっているのです。