介護支援専門員が行う業務の流れ

介護支援専門員は、介護を必要としている本人またはご家族からの連絡を受けた後に、介護認定申請の代行業務を行います。
介護認定では、要介護または要支援の程度を判断し、受けられるサービスの範囲が決定されます。
そして、実際に自宅へ訪問しヒアリングを行います。
本人や家族、そして家庭の状況等を把握し、希望を聞いたり金銭面での配慮等も行います。
ヒアリングを元にしたケアプランを作成し、再度本人や家族との会談を行い、納得が得られれば介護関連施設等と連絡を取り合い、実際の介護サービスがスタートすると言った流れになります。
介護支援専門員の仕事はこれで終わりではなく、サービス開始後には定期的に施設訪問とモニタリングを行い、ケアプランの見直しをする必要があるのです。